読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

星の王子さまで始めるフランス語学習

星の王子さまを読みながらフランス語を学習していくブログです。

パリにいったら自分のお気に入りをみつけてみたい~パリには噴水がたくさんある

f:id:rosiakana:20170118124624j:plain

 

 


今は冬ですが、パリの噴水は動いているのでしょうか。

パリジェンヌのALEXさんはパリの噴水が大好きなんですが、それはこんなわけがありました。

 

Moi j'aime bien cette fontaine, je la trouve sympathique parce que j'aime bien les petites tortues en bas !

 

 

アレックスさんのおきにいりの噴水のところには、亀がおいてあって、その亀から噴水がでているというのです。

パリが大好きなあなたならパリのどこにある噴水かわかりますか?

 

 

〇〇がすき 

フランス語では J'aime bien

 

感じが良い (素敵とかかわいいというニュアンスもありそうです)

 

フランス語では  sympathique  サンパティーク といいます。

 


パリジェンヌのアレックスさんの話はこちらから続きが読めます。

フランス語の姉妹ブログ「ココフラ」にジャンプします。

 

furansugo.website

 

星の王子さまの場面、飛行機が故障して砂漠に一人のところ~フランス語学習

 

 

 

フランス語で本を読もうと思ったら『星の王子さまから』

 

飛行機のエンジンが故障して、さばくに一人ぽっちの場面にでてきた

単語

 

 

vécu   vivreの過去分詞、形容詞で 体験された、実際に起こった、現実のという意味

 

véritablement 本当に、実際に

 

seul ただ一つの、唯一の

f:id:rosiakana:20170116154747j:plain

cassé 壊れた、割れた

f:id:rosiakana:20170116154725j:plain

 

moteur  エンジン

f:id:rosiakana:20170116154818j:plain

 

 

星の王子さまの記事の続きは、姉妹ブログの「ココフラ」で続きがよめます。

 ↓

星の王子さまをフランス語で読む講座~大人のための上質な読書時間 | ココフラ

今年2017年にやりたいこと

今週のお題「2017年にやりたいこと」

 

 

はてなさんからお手紙が届いた。はてなブログを書きだしたのが2016年の12月末だからまだ右も左もわからない。

 

タイトルだって、自分のID+ブログっていうなんだか適当なタイトルになってしまっているし。

 

 

でも2017年はものすごい何回も2017年は何をやりたい?って何度も聞かれました。

 

それで、思い切って日本語の先生になりたいです。っていったら爆笑されました。どうして爆笑するの、、、と思いながら。せっかく日本人のネイティブなんだから日本語をもっと知りたいって思うようになって、今までたくさん外国語学んだからそれを今度はいかしたらいいなって思ったのに。

 

今まで学習した言語でアンバランスだけどまあ、使えるようになった言語は

アラビア語

英語

スペイン語

フランス語今勉強中

 

でも、大爆笑してくれた人にはお礼をいわないといけないかも。大爆笑されて「人に笑われてもやりたいかどうか」気が付くことができたから。それで日本語の教師としてのブログを一個作って発信をはじめました。

 

 

なので2017年は日本語の先生としてデビューをして日本語を伝える仕事をしたいと思っています。

英会話の一場面「あなたの晩御飯はなんですか?」~チャーハンをチャーハンといって何が悪い?

小学生の英会話の時間の一場面である

夜8時パソコンの画面に、きっちりとメークをした先生が画面いっぱいに現れる。

夜のレッスンなので必ずアグネス先生はこうやってきいてくる「あなたの晩ごはんはなんですか?」

生徒は答える「チキン&スープ」

 

 

毎回このパターンが繰り替えされる。


英語の先生「あなたの晩御飯はなんですか?」

生徒 「チキン&スープ」

 


とりあえず、会話になれればいいということで始めた英会話、ほとんど先生と生徒(息子)が話しているのは気にしていなかったけれども。


毎回チキン&スープと答えているので、「先生にうちの晩御飯がチキンとスープしかないって思われるじゃん、ちゃんと今日食べたメニューを思い出していってごらんよ」


ちょっと困った顔をしてうなずく生徒(息子)

 

そしてまた英語の時間がやってきた


「チャーハン」と答えている。


やった!やっと違う答えをいっていると思ったけど、英語の時間が終わってもどってきた、生徒(息子)の顔。

「ママ、チャーハンっていってみたけど、先生チャーハンのことわかってなかったみたい。」


そういえば、チャーハンは英語ではなかった。

 

 

たしか、

チャーハンは英語では「fried rice 」

 

 

念のため辞書でしらべると:フライドライス ウィズ バーリアス イングレディエンツ

 

ちゃぶ台をひっくり返したい気分になった、

 

バーリアス イングレディエンツなんていう言葉で、チャーハンを語ろうなんて!英語ってひどい。

 

しかも、GOOGLE翻訳なんて使って、意味を確かめた気になったひには、絶対に英語が話せるようにはならないとおもう。なぜかというと fried rice with various ingredients を日本語でみたら。

揚げ米(各種成分入り)

 になってしまった。


でも絶対 「fried rice」ではチャーハンのニュアンスは伝わらない。

英語圏の人はチャーハンのことを、日本の SUSHI のように チャーハンと言わないのだろうか。

日本のSUSHI よりも、中国の料理屋さんのほうがずっとずっと 英語圏の地元になじんでいるとおもうのだけれど。


チャーハンの魅力はチャーハンでしか伝わらないと思うのは間違いでしょうか。

 

英会話上達の秘訣


*自分の日常生活について英語で説明できるか?

 

 *************************************

 

英語の上達にお困りのお父様、お母さま

英語を学習するうえで学んでほしいことがあります。

それは第二言語習得法についてです。

正しい言語を学ぶ理論をしってはじめて、

ただしく英語を最短で学べるようになります。

↓↓

 

SLA(武器としての多言語習得)